ブログトップ

未完の器

micanovi.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

雨の現場で

朝一で現場へ。
f0200832_22532980.jpg

現場のことを考えるだけで、わくわくします。信頼できるパートナーたちのおかげで、エネルギーすべてをものづくりに注ぐことができることの「味」を噛み締めています。
この経験のすべてをこれからの自分たちの基準にしていきます。
f0200832_231090.jpg

↑お茶目なパートナーたち。横山監督、大工の稲田さん、原さん。

追記:
先日岡部監督からアドバイスがあったので
記念に筆入れをさせてもらいました。
f0200832_22531710.jpg

このあと強制的に横山監督にも筆入れしてもらいました!
[PR]
by micanovi | 2009-06-30 23:10 | 施工する

2時間半くらいかかります

打ち合せの時間です。現場日記続きます。
現場からの質疑とわたしたちからの質疑を片付けていきます。下地に計算式を書く。コレ、現場っぽい!
f0200832_145720.jpg

ここは横山監督の拠点。居心地がよさそう!こんな風につかってくれてるのをみてうれしくなります。
f0200832_1451749.jpg

「ここなら職人さんが作業してるのもみえるし
だれか来たかもすぐわかる。風も通るから気持ちいいんです」
とのこと。冬に猫がいる場所はあたたかいから、猫がいるところは探せばいいという話を思い出しました。場所を知り尽くしている人がいるところがいちばんということでしょうか。
[PR]
by micanovi | 2009-06-27 14:15 | 施工する

ぼんやりと

輪郭がみえてきました。森っぽくてこの状態も好きです。
f0200832_233298.jpg

現場にいけないときは横山監督が写真のデータを送ってくれます。
[PR]
by micanovi | 2009-06-24 23:43 | 施工する

急かばまわって

現場での決めごとは、どんな小さなことでも必ず現場監督に情報が集まるようにする。
面倒くさいようですが、これが現場がスムーズにすすむ鉄則です。

すこしそれを感じることがありましたので、すぐ横山監督に連絡をいれました。これは施主になっても設計監理者としても同じことです。
[PR]
by micanovi | 2009-06-23 23:03 | 施工する

問題児の天井

現場をみながら、左官職人のタカセさんも首をひねることふたつ。
型枠が細かく割りすぎていること、スラブ(ここでいう天井)が妙に湿っぽい。
f0200832_223903.jpg

ひとつめの不思議の影響で天井の下地を変更することにしました。もともとの階高が低いので、メインの空間の天井は少しでも高くとりたいのですが。。。苦渋の決断が続きますが、横山監督が変更後もなんとか金額内に納まるようにしましょう、と頼もしい言葉。

ふたつめの不思議はよくわからない。???
クラック(ひび割れ)に水分がある形跡が見当たらない。のに、湿っぽい。
[PR]
by micanovi | 2009-06-23 22:52 | 施工する

とある目線で

まずは、健康な神経細胞をはりめぐらす。

サラサラ血でリンパの流れもいい、
新陳代謝のいいカラダ。
f0200832_213628.jpg

建物も人間もいっしょです。
最近、新陳代謝が落ちてるんだなーと感じます。ちょっとやそっとじゃやせないしー!わたしのカラダもリノベーションしてサスティナブル体質に改善した方がいいのかも???

この家は日焼けはしないから、きっと色白。
[PR]
by micanovi | 2009-06-21 21:39 | 施工する

追記

前記事の、ハーフユニット、とは半分だけユニットバスのお風呂のことです~。

残りの部分は(壁や照明、ドアなど)好きな素材を組み合わせてつくります。
今回は予算の都合上、ドアまでがユニットバスです。
[PR]
by micanovi | 2009-06-19 16:31

ハーフユニットの難

発注してから納品まで三週間かかるらしく、工程への影響、大('∀'●)
ただでさえせまい場所を寸法をいじめながらプランしてるので、余白がない分、工程の順序を入れ替えて、なんとかすすめても、ピシャリ納まらないなんてことも有り得る?現場チームの腕のみせどころ。

にしても、需要がありそうなハーフユニットには落とし穴がいくつか。どれもはじめからわかってればなーんちゃないことなんですがーー。
[PR]
by micanovi | 2009-06-19 16:17

VintageRoomⅡ

「未完の器」はVintageRoomシリーズ第2弾です。

VintageRoomProjectとは
斎藤政雄建築事務所と未来図建設がチームを組み取り組んでいるリノベーション事業です。

今回は自分たちが施主であり、やってみたかったことも挑戦します。いわゆる「お施主さんにすすめるにはやりすぎ」なものたち(笑)、ここで培う知識や経験(失敗も含め)を今後に生かしていくつもりです。ものづくりを楽しむ中でうまれるものはとても幸せな空間でそれは続いていくという確信があるからです。

「ゆるさ」が売り(?)の第2弾。

左のリンク先のトップに「遊べるオトナのかっこよさ」が売りの第1弾の詳細を貼っていますのでこちらもならびにご覧ください。
[PR]
by micanovi | 2009-06-17 21:16 | わたしたちのこと

こっからは旨みだけ\(^O^) /

f0200832_141742.jpg

菅原部長と横山監督(ご多忙の岡部監督は不在でしたが)本日、本体工事の契約を行いました!


準備運動はしっかりやったし、コンディションもいい、仲間にも恵まれて、あとはものづくりの現場をのびのびと心ゆくまでたのしもうと思います!1ヶ月半なんて短すぎるぅ~~
[PR]
by micanovi | 2009-06-15 14:17